長久手市社会福祉協議会トップページ > 社会福祉協議会とは?

社会福祉協議会(社協)とは?


 人と人のつながりを大切に、誰もが、住み慣れた地域で安心した暮らしができるように 、福祉のまちづくりをめざして、地域の住民やボランティア、民生委員児童委員、福祉、 保健など関係機関・団体、行政機関の参加を得て活動する民間の社会福祉団体です。
 民間としての「自主性」と住民のみなさんや社会福祉関係者に支えられた「公共性」を もつ団体です。
 社会福祉法に「地域福祉の推進を目的とする団体」と規定されている社会福祉協議会は、 都道府県・全国の市町村に設置されており、略して『社協』と呼ばれています。さらに、 連合体として、全国社会福祉協議会があります。

社会福祉法 ※抜粋

(市町村社会福祉協議会及び地区社会福祉協議会)
第109条 市町村社会福祉協議会は、一又は同一都道府県内の2以上の市町村の 区域内において次に掲げる事業を行うことにより地域福祉の推進を図ることを 目的とする団体であって、その区域内における社会福祉を目的とする事業を 経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者が参加し、かつ、指定都市にあっては その区域内における地区社会福祉協議会の過半数及び社会福祉事業又は更生保護事業 を経営する者の過半数が、指定都市以外の市及び町村にあってはその区域内における 社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が参加するものとする。
1.社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
2.社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
3.社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
4.前3号に掲げる事業のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業

社会福祉協議会のシンボルマーク

sinbol.png このマークは、社会福祉及び社会福祉協議会の「社」を図案化し、 「手をとりあって、明るいしあわせな社会を建設する姿」を表現しています。
(昭和47年6月、全国社会福祉協議会で制定されたものです。)