長久手市社会福祉協議会トップページ > 長久手市障がい者相談支援センター

長久手市障がい者相談支援センター
(長久手市障がい者相談支援事業受託業務)

障がい者相談支援センターって何するところ?

 障がいや病気のために、日々の生活の中で生きづらさを抱えているご本人・ご家族と一緒に、「どんな生活を送りたいか?」「今、どんな困りごとがあるのか?」ということを考え、解決に取り組みます。
また、地域にある社会資源(福祉サービス事業所・保育園・幼稚園・学校・医療機関など)と連携し、ネットワーク作りに努め、支援の必要な方をチームで支えられる仕組み作りをします。

具体的な役割は?

(1) 障害福祉サービスの利用援助
    福祉サービスについてのご紹介や利用のためのお手伝いを行います。
(2) サービス等利用計画とモニタリング
    障がい福祉サービスを利用するために必要な「サービス等利用計画」を作成し、作成後は、適宜、
    状況把握を行います。

ご相談例

  「息子がもう何年も家にいるんです。この先、一体どうなるのか・・・・」
  「身体障害者手帳を持ってるんだけど、どこかで働きたいんだよねえ。何とかならないかなあ」
  「言葉がゆっくりだねって健診で言われちゃった。どういうことなんだろう」
  「療育手帳って、何?」

 ご相談に来られる方の中には、「何をどうしたらよいのか分からない」「今の自分の状況をうまく説明できない」といった混乱や不安を抱えている方も多くいらっしゃいます。
おひとりで困りごとを抱えてしまうのではなく、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

相談窓口

 長久手市障がい者相談支援センター 
 開設時間:火曜日から日曜日まで(月曜日が祝日の場合は、翌日はお休み)
 開設時間:午前9時から午後5時まで
 電話 0561-64-2333  URL http://www.nagakute-soudanshien.jp/