長久手市社会福祉協議会トップページ > 活動を財政面で支援したい

活動を財政面で支援したい
(社協会費・共同募金など)

 長久手市内における社会福祉事業その他の社会福祉を目的とする事業の健全な発達及び社会福祉に関する活動の活性化により、地域福祉の推進を図ることを目的としています。

平成31年度長久手市社会福祉協議会会員募集のお願い

長久手市社会福祉協議会では、地域の福祉を推進するため、社協事業にご賛同いただける方を「長久手市社会福祉協議会会員」として毎年募集しています。地域の皆さまへは市政協力員(自治会長)、自治会組長を通じて、法人の皆さまには郵送にてお願いさせていただいております。また、自治会に加入されていない方、途中加入を希望される方も長久手市社会福祉協議会の窓口においていつでも受付しております。
2019chrashiomote.jpg2019chrashiurajpg.jpg
社会福祉協議会会員募集チラシ(表)
社会福祉協議会会員募集チラシ(裏)

法人の事業

 法人の事業目的である「地域福祉を推進」するため、理事会・ 評議員会の運営及び、事務局の統括と財政基盤の強化に努め、後述する各種福祉事業の推進母体を担っています。

会員募集事業

 近年の少子高齢化社会は、より一層『地域福祉』に対するニーズを高め、 地域住民参加によって運営されることを不可欠としています。
 社会福祉協議会設立の目的である『地域福祉の推進』は、住民各位の参加という崇高な精神を機軸とし、 福祉事業・介護事業・ボランティア事業等各種事業の連携によってその機能が果たされるものとなっています。
 社会福祉協議会は、会員の皆様から頂戴する会費、共同募金配分金及び各種事業から得る収入を自主財源とし、 その他寄付金、行政からの補助金等により運営されておりますが、その中でも特に、住民の皆様から集められた会費は、 貴重な自主財源として社会福祉事業に使われています。

社協財源

会員会費 ※会費は何口でも加入できます

一般会員会費 一口 500円
賛助会員会費(社会福祉事業に賛同いただける方) 一口 1,000円
法人会員会費(事業所) 一口 3,000円

加入者一覧

年度  会員数(世帯)  会費(円) 法人会員 会費(円) 会員数合計 会費合計(円)
H28 7,090 3,567,250 116 406,000 7,206  3,973,250
H29 6,967 3,498,100 119 428,000 7,086  3,926,100
H30
6,767 3,403,100 127 444,000 6,893 3,847,100

共同募金配分事業

 毎年10月から12月まで行われる「赤い羽根共同募金」の配分金を財源として行われる事業です。 10~11月を一般募金月間とし、12月を「歳末たすけあい運動」募金月間としています。
 一般募金では、前年度募金総額から県内社会福祉施設への配分金とその約70%の 社協事業関連費が配分されます。歳末たすけあい運動募金は当年度中に配分されます。

30spacer.png

赤い羽根共同募金のご協力のお願い

 赤い羽根共同募金は、戦後間もない昭和22(1947)年に、市民主体の民間運動として始まり、当初は、戦後復興の一助として、被災した福祉施設を中心に支援が行われました。その後、法律(現在の「社会福祉法」)に基づき、地域福祉の推進のために活用されています。
 本市では、地域福祉事業や地域福祉の課題解決に取り組む民間団体への助成のほか、ひとり親家庭の小・中学校入学準備支援などにも活用しています。また、共同募金から災害支援準備金を積み立てており、大規模災害時には災害ボランティアセンターの設立や、被災者支援にも役立てられています。
 毎年10月より市内各地で市民、企業の皆様にご協力いただき、募金活動を行います。ご理解、ご協力をお願いいたします。

長久手市共同募金実績

年度  一般募金実績額(円) 歳末募金額(円) 募金合計(円)
H28 3,729,985 153,211 3,850,790
 H29  3,777,660 274,016 4,051,676
H30 3,735,413 279,910 4,015,323

募金方法
① 窓口での募金
 長久手市社会福祉協議会の窓口にてお受け取りしています。
 (長久手市福祉の家内 住所:長久手市前熊下田171)

② 振込での募金
 あいち尾東農協 長久手支店 普通預金 口座番号 0037126 口座名 長久手市共同募金委員会(ナガクテシキョウドウボキンイインカイ)
 ※振込手数料につきましてはご負担をお願いいたします。

共同募金への寄附については、法人、個人共に、税制上の優遇措置の対象になります。(法人の場合は全額損金算入です。)
なお税制優遇の措置を受けるには証明書類が必要となりますので、寄附の際に事務局まで書類の発行をお申し付けください。

赤い羽根共同募金に関するお問合せ
地域福祉係 0561-62-4700 

ランドセル・制服を買えない家庭をなくしたい! テーマ型募金「ひとり親家庭小学校・中学校入学準備応援募金」 ご協力のお礼

 長久手市共同募金委員会では、通常の共同募金運動とは異なり、地域にある特定の課題を解決するために必要な募金運動「テーマ型」募金を実施しています。

 H30年度に実施したテーマ型募金「ひとり親家庭小学校・中学校入学準備応援募金」は、皆様のご協力により、H30年1月から3月の間で合計226,702円が集まりました。これらは全額、ひとり親家庭小学校・中学校入学準備の支援に活用されます。皆様のご理解、ご協力に、厚くお礼申し上げます。


テーマ型募金「ひとり親家庭小学校・中学校入学準備応援募金」について

 日本の子どもの貧困率は先進国の中で高い水準で、およそ7名に1名の子どもが相対的な貧困状態
です。中でも母子世帯は、収入が約200万円と夫婦と子どもがいる世帯と比べると350万円も少ない
状態です。
 入学の準備には、小学校はおそよ6万3300円、中学校は8万3250円が必要と言われています。
もちろん所得の少ない世帯には公的な支援もありますが、準備の全額を賄える訳ではありません。そのため今回、所得が少なく困っているひとり親家庭を支援するべくひとり親家庭の支援に限定した募金活動を実施しました。
 通常の赤い羽根共同募金は地域課題の解決や災害時の支援など様々な課題解決のために活用されますが、
この募金は「テーマ」に限定して全額活用されます。


テーマ型募金に関するお問合せ
地域福祉係 0561-62-4700 

老人福祉事業

男性の料理教室の実施

障がい者福祉事業

ふれあい子ども劇の実施
ウェルフェアボウリングへの助成

児童・青少年福祉事業

福祉作文コンクールの実施
福祉協力校への助成
ジュニアリーダーズへの助成

母子・父子福祉事業

ひとり親家庭対象の事業に対して助成

福祉育成・援助活動事業

行路人に対して旅費を援助
共同募金運動への啓発
赤い羽根作品コンクールの実施
福祉まつりへの助成

ボランティア活動育成事業

ボランティア団体への助成
見守りサポーター養成事業への助成

歳末たすけあい配分事業

高齢者を対象にお笑い演芸会を開催

○長久手市の共同募金の活用の詳細は中央共同募金会の「はねっと 長久手市」で詳しくご覧いただくことができます。

○「ふるさぽ」(赤い羽根ふるさとサポート募金)でいつでも、WEB上で募金することができます。
 大事な人のいる「ふるさと」お世話になった人のいる「ふるさと」あなたの好きな、心の「ふるさと」、あなたの寄附を役立てたい長久手市他全国の市町村の共同募金にテーマや寄附する視聴層ンを選んで募金することができます。詳しくは「ふるさぽ」をご覧ください。